スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編入英語

編入試験は最近TOEIC採用が増えてきています
東北大・千葉大・筑波大・横浜国大はTOEIC採用です。
東大・阪大・東工大・首都大・農工,etc はふつーの筆記試験です。東大以外はリスニングはないです。

東工大と農工大は問題の形式が似ているような気がします。農工大は英語の試験問題が公表されてないので東工大の見ればいいと思います。文の長さは東工大のほうが長いです。
2つとも和訳が中心です。英訳はたまに普通の英訳もあるけど並び替えの英訳も出てます。
東工大では40Wordのちょっとした英作文がでます。
文法問題は出てないですね。

首都大と阪大は、問題をさらっとしかみたことがないのであまり正確な情報じゃないかもしれないですが、
多分文法問題がそこそこでてました。文法問題ならTOEICのReading対策でそこそこいけるような気がします。

TOEIC採用のとこは、ある程度スコアがあればあまり関係ないかもしれません。
600以上あればいい気がします。わかんないけど。

東工・農工はTOEICの勉強してもそこまで試験の対策にならないような気がします。
最低限はできないといけないと思うけど。
多分色々な長文を読んだほうがいいと思います。単語も覚えなきゃだ

東大のH26の面接では英語で喋りかけられたみたいです。ただ今年の面接ではありませんでした。
東大の英語は、長文を要約したり和訳したり英訳したりです。グラフや図を与えられてそれについて英語で説明する問題も結構でてます。問題が多く時間に追われるらしいです。日々英語に慣れてないとってかんじです。

英語は短期間で急にできるようにならないので低学年の頃からちまちまやってるといいと思います。僕も通学時間以外はほとんどやってなかったけど、英語で追い詰められることがなかったので通学時間にやっててよかったなーと思いました。
スポンサーサイト

編入数学

編入の数学は参考書のページに載せた鉄板のやつやればそこそこはとれると思います。
まぁ皆やっているので差はつかないかもです。
強い人は大学院試対策の問題集や、詳解系をやってました。

・マセマシリーズっていうのが各分野ごとにでてますが、
大体わかってるならやらなくてもいいかなーと思います。全部やると結構な量だし、載ってるのは基本ばっかりなので。

・大体の数学の試験では途中式を書くスペースがあるので、途中式もしっかりかけたほうがいいです。

・複素関数・確率・数列なんかはでるとことでないとこがあるので注意です。なんとなくやってみたけど試験範囲になかったーってなると悲しい気持ちになります。東大とか阪大もうけるかもと思って確率統計やったけど結局受けなかったので数日間無駄になりました。

・聞いた話によると、複素関数はそこまで難しいのでないとか。
自分は複素関数の編入対策をやらなかったのでわかんないや

・陰関数、線形写像、積分方程式、微分方程式のロンスキー行列式による解の公式、逆演算子法、オイラーの微分方程式あたりも忘れられがちだけどいます。

・ジョルダン標準形は出たことないのかな?

徹底研究→過去問特訓→徹底演習の順番で、そこそこできるようになるような気がします。

・東北大受ける人は回転体の表面積とか接平面、数列、極限、隣接二項間定理、東工大受ける人は線形代数の階数の問題もやっとくといいと思います。


分野別のメモというか対策というか自分なりに思ったことを軽く書いてきます。
間違ってたり変なこと書いてるのも多いと思いますので鵜呑みにはしないように笑


偏微分
まずは偏微分。初歩の初歩は適当に固めてください。
それからはチェインルールを覚えましょう。皆覚えてると思ったけど同級生であんまり覚えてる人いなくてびっくりした。
偏微分の範囲かどうかわかんないけどニ変数関数のマクローリン展開も覚えとくといいです。ヤコビアンとかヘッシアンの形で覚えると覚えやすい。これは二次以降の項を無視すれば平面の方程式になります。
2変数関数の極値とかラグランジュあたりもよく出るので数こなしてマスターしよう
2変数関数の極値問題はヘッシアンが0になった時の判定法もやっとこう
ラグランジュは、初めの等式立ててから両辺の共通の変数で除算しちゃってよく死んでた
まぁ初歩の初歩とチェインルール覚えれば偏微分ではそんな苦しまないんじゃないかな

重積分
まずは積分領域を書くことから。変数変換は極座標変換だけじゃなく色んなパターンの変換ができるようになっとくべきだと思います。あとだ円やだ球領域の重積分なんかも編入試験は好き。ヤコビアンかけるのを忘れないように。
ガウス積分なんかもよく出題されてます。あれはさみうちするのちょっとめんどい。あと広義積分はおきかえるの面倒だけどちゃんとおきかえたほうがいいです。

微分方程式
一階・二階線形微分方程式・オイラー・ベルヌーイ・完全微分形・同次形・ロンスキー行列式による解の公式・未定定数法とか、まぁちょっと覚えることはあるけど覚えればそんな難しくない分野じゃないかな?自分はリッカチは覚えませんでしたが東大がリッカチ好きらしい。 覚えるものは覚えて、問題でどれを使うか考えて解いてく感じで。 

対角化
解法覚えて機械的に解いても点が取れちゃう分野。ただ応用きかせるためにはしっかり理解しなければでしょう。
対角化は量子力学とか色々な分野で使うみたいです。
標準形になおすやつは三変数関数の図形の問題(3次行列のやつ)もできるようになっておいたほうがいいです。
固有値だしたり固有ベクトル出す過程は面倒ですががりがりやるしかないと思います。
そこまで捻ってこない分野なのでミスしないようにしなきゃです。
時間があったらちゃんと対角化できてるか確かめるといいかと。
あとグラムシュミットもやりましょう。図形的なイメージができれば公式なんて覚えないですみます。
対角化の問題でどんな時にグラムシュミット使うか、とか整理しよー

行列の階数
東工大が好きなやつです。0で割れないことに注意して、変数で行を割るときに場合分けしていく感じです。
階数と一次独立やらの関係性もしっかり覚えなきゃです。

線形写像
影が薄いけどでるとこではでてるみたいです。皆苦手なイメージ。
ImfやらKerfやらも出るならやっておくべきです(「リメディアル線形代数」とか「過去問特訓」とかに載ってた)
表現行列も初めょくゎかんなぃ…て苦手でしたが理解してからは楽だったような。ここらへんはもう覚えてないけど。
「各列間の一次関係は行基本変形で変わらない」みたいのを解答に結構書いてたような気がします。

図形問題
接平面とかは公式覚えましょう。てか覚えるってほどのやつでもないか。
曲線の長さは速度ベクトルの絶対値の積分みたいに覚えると楽だったような(厳密には違う意味かもだけど)
曲率とかは覚えるしかないかと(でてるのを見たことはないけど)
回転体の表面積体積あたりはノリで。東北大は出るよ

その他
極限問題は、ロピタル使いまくってしまっていいかと。ただ0/0や∞/∞の不定形じゃないと使えないことは書かなきゃです。ネイピア数eが出てくる極限の問題とかsinx/xの極限の問題も千葉大なんかは出してました。
東北大は隣接ニ項間定理とかググっておいたほうがいいかもしれません。あと数列もできといたほうがいいよー

編入物理

編入物理はなんかよくわかんないです。
僕が参考書として掲げた5冊の本をやって過去問解けばそこそこできるようにはなると思います。
色々調べた結果その5冊に行き着きましたが、他にはビジュアルアプローチ・詳解シリーズ・基礎物理学演習(青い方)・ファイリングノートなどがあります。

基礎物理学演習
演習力学
電磁気学演習
物理のエッセンス
名門の森

これやればおっけーかと。


・力学は天体のとことか相対運動なんかもちゃんとやっておいた方がいいと思います。
てか問題集に載ってるのは大体出ると思ってください。

・慣性モーメントのあたりは、よくわかる慣性モーメントでぐぐって出てくるサイトが中々わかりやすいです。

ばねの問題とか、鎖の問題、相対運動、あたりは苦手意識ある人が多いのではないでしょうか
僕がそうでした

・参考書で紹介した折戸の物理ってサイトも解説付きでよかたです。

電磁気は電磁気学演習でいいような気がします。一応砂川さん?のやつとかビジュアルアプローチって問題集なんかも使ってる人はいました。電磁気は典型的なのが出やすいです。多分。
コンデンサのあたりは本質的に色々わかってたほうが いいかもです。仮想変位のくだりとかなんか面倒くさい。

・電磁波は東工大でポインティングベクトルがちょろっと出てたこともあったけど
めっちゃ頑張ってやらなくてもってかんじです。
マクスウェルあたりは常識としてしっとくべき。

・電磁気の大体の公式はマクスウェルの4方程式をわちゃわちゃすれば導出できたりするので
困ったらマクスウェルにきけばよさげです

・熱力学は、なんかもう問題解くしかないと思います。基礎物理学演習のでいける気がします。ギブズエネルギーとかヘルムホルツエネルギーあたりまでもやっといたほうがいいと思います。東工大はサイクルの問題がよく出てます。

・自由膨張は仕事をしません。つまり断熱の系の中で自由膨張が行われた場合、系の内部の気体の温度は一定になります。当然やろと思うかもですが僕は試験で間違えました!
東大に編入した天才から指摘を頂きました。(2014/9/14)
天才「自由膨張→温度変化無し は理想気体では成り立つけど、実在気体では成り立たないよ」
天才「あと、理想気体では熱運動を無視してはいないよ。自由膨張だとたしかに系の内部エネルギー変化はないけれど、理想気体ではないから内部エネルギーは温度のみの関数でかけないわけで、この場合体積が変化するだろうから内部エネルギーの体積依存性により結果的に温度も変化するだろうな、と。」

・波動は高校物理でわりと十分な気がします。波動方程式、シュレディンガー方程式(量子力学)もやっとくと安心できそうです。基礎物理学演習より物理のエッセンスとか名門の森のほうがいいです。
東工大の物理の過去問の波動で(確か16年度?)、光速を測定するフィゾーの実験が出題されててこれ何に出てんだよってなりましたが、名門の森にちゃんと載ってました。ちなみに東大の一般大学入試の物理の問題だそうです。

・あんまり出てたのを見ないけど開管のやつもしっかりやっといたほうがいいと思います。
北大で出てました。
もちろん定番の回折とか干渉、ドップラーなんかはばっちりやっといたほうがいいです。レンズの問題は出ていたのを見たことはないけど不意打ちで出るかもしれないですね!

名古屋大の物理の過去問が良問です。
解答あるならやるのおすすめです。良問感は見ればわかると思います。

・東大で出た問題を東工大が別の年で出してるのを結構見ました(主に電磁気で)

・東大の3問目は熱・波動・量子力学の何が出るかわからないコーナーなので恐ろしいです。

・物理はやみくもに問題を解かずにちゃんと理解しましょう。

編入化学

僕は非化学系なので、非化学系の人に向けて書きます。
非化学系の人の編入試験で化学があるのは、知ってる範囲だと東工大・東北大・名古屋大?・農工大機械系專門、くらいかな?
詳しく事情を知ってるのは初めの2つくらいなので残りの2つはスルーで。

東工大と東北大はどちらも化学が出題されますが、範囲は結構違います。
東工大対策の化学やったから東北大もいけるやろ~って挑むと(逆のパターンでも)多分撃沈します。
もちろんかぶってる部分もあるのである程度は楽になると思いますが、基本的に東北大化学は高校化学、東工大化学は大学(專門)化学&高校化学ってかんじです。大学とか專門化学やっとけば高校化学できるようにはならなかったです。

<東北大化学>

参考書読んで色々覚えてから、重要問題集で演習すればいいと思います。
試験では結構ベタなやつだしてきます。どのような状態の気体が理想気体に近いか?とか。
論述もそこそこだしてきます。60字前後で説明せよとか言ってきます。
無機のような材料のような範囲の問題がそこそこ難しいような気がします。
過去問の昆布の問題はなんだこりゃって感じでした。昆布って。
最近の化学のほうが難易度が下がってきてると思います。特に有機化学。
ちなみに昔の有機の問題は、重要問題集の有機のページに似たような問題がいっぱい載ってます。
分野は違うといったけど、東北大ででた問題が別の年に東工大ででてたりするので併願するとちょっとはっぴーかもです。同じ大学で似たような問題がでることはそうそうないので。


<東工大化学>
結果的に、有機はマクマリー、物理化学は参考書一冊(僕は裳華房のを使った)やればわりと戦えるようになるとは思います。ただ、非化学系だとこの二冊を理解できるようになるまでに、何冊か読まなきゃかもしれません。

某巨大掲示板に化学対策みたいなのが載ってたので以下にコピペします。
H26年度東工大化学の話っぽいです。

「(1)酸化還元反応
出やすい上に糞簡単
高校化学の教科書か参考書を頑張って読めば、反応式の穴埋めくらいできるようになる
酸化されるものは還元剤、還元されるものは酸化剤なのに注意な
標準電極電位使って自発的に反応進むかどうかの判定をするやり方は暗記しろ
これは新研究に載ってる
ちゃんとやるならギブズの自由エネルギーだが、細かいことは受験後にでも勉強しろ
(2)量子化学など
こちらも出やすい上に簡単
まずは第4周期までの原子の電子配置を書けるようになれ
その電子配置になる理由を水素原子のエネルギー準位・パウリの排他律・フントの規則を使って説明できるようにしろ こいつらは新研究に載ってる
次に第一イオン化エネルギー、電子親和力、電気陰性度の定義を覚えて、周期表上で大小比較できるようにしろ 高校の参考書ならなんでも載ってる
次に金属結合・イオン結合・共有結合の性質と、金属結晶・イオン結晶・分子結晶・共有結合の結晶の性質や成り立ちを暗記しろ 高校の参考書ならなんでも載ってる 次に混成軌道をなんとか理解しろ
sp,sp2,sp3のそれぞれで形状がどうなるか覚えろ
形状といっても非共有電子対があればまた違うからな(CH4もH2Oもsp3混成だが前者は正四面体、後者は折れ線)
これも新研究にある
次にVSEPR則を理解して、非共有電子対があったり二重結合があったりすると結合角が少しだけ変わることを説明できるようにしろ
新研究になかったらググれ
最後に、電子が別の軌道に移るには外部にエネルギーを放出or外部からエネルギーを受け取る必要があることを理解しろ
受け取るエネルギーは光や熱とかなんでもいいけど、放出するエネルギーは光だ
ついでにだが、問2(c)(ii)は換算質量でググれ
(3)化学反応速度
頻繁にでてくる
理工系基礎化学って本のp95-100を読んで理解して、反応速度に関する微分方程式を書けるようにしろ
大学範囲だが新研究にも載ってるかもな
ついでに化学平衡になってたら質量作用の法則だ、新研究読め
(4)結晶格子
あんまりでてこないが、図形の問題だから化学関係ない
面心立方格子と体心立方格子に対して充填率を求められるようにしろ
単位格子に1/8だけ含まれている球が8つあったらその原子は1個あるとカウントするからな
これは高校範囲だから適当に高校向けの参考書見て、問3の問題くらい解けるようにしろ

以上は頑張れば1週間で全部できる、死ぬ気で覚えろ
(5)過去問
過去問は平成26、25、23の順に、問1-4だけやれ
24年は見ても絶望するだけだろうから見るな
問いた後必ず誰かに見てもらえ
先生でも良いし化学系の学生でも良い
見てもらったら何度も解き直せ   



以上です。ごもっともだと思います。ぐうの音も出ません。そんな感じで勉強するといいと思います。
錯体の分野もたまにでていたので勉強するといいです。結晶場分裂とかでぐぐってください。
24年度は自分も確かに絶望しました。今年の化学は24年度の化学に雰囲気似ていたので、あれくらい難しくてもできたほうがやっぱいいですね・・・。

反応速度論は、リンデマン機構と、ミカエリス・メンテン反応が過去問で結構出ています。これと、定常状態近似を勉強すれば過去問の反応速度論のパートは解けるようになると思います。ここらへんの話はぐぐってもいいと思うし、裳華房のやつにものってました。

無機もやったほうがいいとは思います(実際試験で出て撃沈したので)が、物理化学と有機のほうがウェイトおいたほうがいいと思います。有機は毎年大問6つの中で2つを占めているので。有機はやれば得点源になりました。

ちなみに化学は5年4月頃から始めました。体験記とかみると6月くらいから初めてる人が多いので、アドバンテージほしいならもうちょい前からやっとくといいと思います。てか6月からだと多分間に合わねぇ
そこからは、勉強時間の1/3~半分くらいは化学にあててました。
結果、東工も東北も、過去問で大体6割はとれるようになりました。まぁ本番の方が難しかったですね。無機に殴られて死んだわ

編入專門(電気系)

専門といっても、僕は農工大と東北大の專門しか受けてないので、この2つについてになります。

<農工大專門>
農工の專門は電気電子の全範囲です。ですので、電磁気はまぁいいとしても電気回路やら論理回路やら電子回路ならやらなきゃです。
過去にはフーリエ変換で回路を解くみたいなよくわかんないのが出てたりもしました。

確率的には電磁気→電気回路→論理回路→電子回路→その他(出るなら)
って感じです。というか電磁気は毎回出てます。

・電磁気は普通にやってればいいと思います。電磁気学演習で。

・電気回路は教科書を引っ張ってきて眺めました。テブナンの定理とかやり直しました。
 過渡現象はでなくて(これからはどうなるかわからないけど)定常状態の状況を扱います。

・論理回路は、教科書で使ってたのをやり直しました。忘れてるだろうと思ってたけど意外と結構思い出せて、そこまで大変じゃなかったです。3日くらいやって、もういけるやろーくらいにはなりました。

・電子回路は、オペアンプあたりが過去にでてました。ちょっとはやりました。内心今年はでないやろ~って思ってたのでそこまで頑張りはしなかったです。

・その他として何が出るかわかりません。分布定数回路とか三相交流とかでるんでしょうか。
 変圧器とか相互インダクタンスとかはやっといたほうがいいかもです。

・ちなみに推薦の口頭試問は4問くらい聞かれるらしいです。なんかブリッジ回路のこととか聞かれたらしいです。友達がめちゃくちゃ対策してたので、農工大の推薦受けるなら口頭試問対策頑張ったほうがいいかもです。


<東北大專門>情報知能システム
東北大の專門は、体験記にも書いたけど電磁気と電気回路、ハード、ソフトから2つ選択します。
一流のプログラマーならソフト選ぶといいと思います。

ちなみに試験時間は2時間です。また、東北大の試験は9:00~18:00です。超疲れます。そんな中の最後の二時間です。僕はこの頃おしりが痛くて帰りたかったです。メンタル的にも辛いです。

一般科目がMAX100点なのに対し、専門科目はMAX200点なので比重大きいです。

・ハードは農工でいう論理回路の分野です。選択しようと思わなかったので過去問を印刷すらしていなく、難易度とか傾向とかよく変わらないです。まぁ似たよ うな問題がでてるらしいです。今年一緒に受けた友達は、電磁気が難しそうだったからハードに変えたらしいです。結果、ハードで7割くらいとれたらしく、彼 も合格してました。なんかパッと見状態遷移図とかミーリーグラフとか出てたような気がします。

・電磁気は物理の電磁気にちょっと毛が生えたくらいです。試験で大ゴケしました。

・電気回路は答えがめちゃくちゃになることが多いです。相互インダクタンスやったほうが良さげです。過渡現象は出ないです。過去問で勉強するのがいいと思います。わかんなかったら教授へれりごー


理想としては專門で8割くらいとれてるといいと思います。
プロフィール

Yamayucompany

Author:Yamayucompany
Yamayucompanyの社長です。社員は僕しかいません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。