スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農工大体験記

農工大合格体験記


・電気科だけじゃなくて情報系の人も同じ広い部屋で受けてました

・お昼は試験会場でも食べれます。近くにコンビニもあります。

・問題用紙だけでなく下書き紙も回収される謎のシステム

・編入試験全般に言えることですが、問題用紙配ってから開始まで結構待たされます。暇です。

・今年は農工大と首都大の受験日がかぶってました。

・電気電子科の專門の試験は結構辛いです。というのも、電気電子系ほぼ全てが試験範囲だからです。
 電磁気・電気回路・電子回路・論理回路・フーリエ変換が過去に出題されてます。昔は電磁気電気回路論理回路の3点セットが多かった気がします。25,26,27年度は確か電磁気と電気回路メインだったような気がします。その代わり昔よりはちょっと面倒な問題になったような感じはあります。

・機械系の人は化学があります。友人が泣いてました。パッと見た感じ、東工大対策の化学を勉強していればそこそこ戦えると思います。

・面接は受験番号後ろのほうだと結構待ちます。早めに出願したほうがよさげです。

・面接後は控室に戻らずに放流されます。打ち上げとかしたいなら予め打ち合わせしたほうがいいんじゃないでしょうか。


<試験>

数学
数学は簡単。200点満点中200点とれたと思います。
過去問を見ればわかるけど、極値を求めさせてきたり、対角化させてきたり。
複素関数、確率、数列はでないので微積、線形代数、微分方程式をやればいいです。
鉄板的なのやっておけばいいと思います。


物理
力学は水平に飛ぶRocketの問題。 電磁気は、磁場があるとこでコイルを回した時の起電力を求める問題。ふつうはファラデーで即答する問題だけど、コイル内の電子にかかるローレンツ力を求め てから起電力求めていく。電子の速度、働く力、起電力、と誘導していくけど、直交座標系の各成分に分けて答えさせてくるから面倒でした。電気系学科以外の人はできたのかな?
どちらもできたけど、力学で単位つけるの忘れた。
それを正解にしてくれるなら100点中100点、減点なら100点中80点くらいかな。

英語
長文×3。 和訳、下線部を説明する問題、並び替え英作文、接続詞記号問題などなど。
一文目は先延ばしにしちゃう人の話、二文目は学位論文の話、三文目は記憶力高めるメソッドみたいな感じの内容でした。試験で初めて問題を見たけど、思って たより難しかったかも。英文のレベルは首都大以上阪大以下とどこかで聞きました。個人的には東工大の英語の長文と難易度、問題の形式が似ていると思います。農工大のほうが文章の長さは短いです。TOEIC対策ばっかりやってても解けないと思います。
200点満点中140-160点くらい。


專門(電気電子)
こけた。結構難化してたと思う。
一問目は、超簡単な電磁気の問題。皆当たり前のようにできちゃうやつです(自分は後半変なミスした)。二問目は、導線に電流が流れてて、その横に三角形 (同じ日の首都大編入試験で、四角形バージョンが出題されたらしい)コイルがあって、それが一定速度で動くときにコイルの抵抗に生じる起電力をもとめてく 問題。初見で苦戦したけど何とか乗り切れたと思います。3問目の電気回路はシンプルだけど設問が強かった。200点満点で、大問一つ66点と仮定して、1 で△含め40点くらい、2で66点、3で33点とすると、140くらい?少なめに見て120とするか。


この自己採点で、低めに考えて200+80+140+120=540(物理のみ満点が100点で、他は200点が満点。)
ボーダーラインは7割って言われていて、700満点だから490取ればいい感じじゃないでしょうか。


面接

面接点が公開されてないから、合否に関係あるのかはわからないです。
・志望動機
・院は行くのか
をきかれ、
その後
・他にどこ受けるのか
と聞かれたから正直に答えると
・じゃあうちは第3・・・いや、第3志望以下だね!?!?
と聞かれたから「はい」と答えると
・ふむ。面接は以上です。
と言われました。なんかやばい感ありました。正直に言わないほうが良かった感あります。

帰り道は面接がアレだったのでずーんってなってました。他の人もこんな感じだったらしいけど。


結果

合格
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yamayucompany

Author:Yamayucompany
Yamayucompanyの社長です。社員は僕しかいません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。