スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東工大体験記

いよいよ第一志望の東工大です。
電気系の目線で書きます。

・東工大は毎年倍率6倍くらいです。が、記念受験が結構いたり東大受かった人が受けなくなったりもするので倍率は公表されたのよりちょっと下がります。

・20人募集といってますが、理学部を含めると27人位とってます。理学部以外では20人です。

・電気電子科がいつも一番合格数多いです。電気電子科で受ける人が多いんですかね。

・試験のボーダーは6割と言われています。おそらくそうでしょう。オール6割だとどうなんだろう。6割6割6割7割ならなんとなくいけるような気がします。多分。

・ちなみに6割越えた教科(英語以外)ひとつにつき合格後基礎科目の単位2単位認められるらしいです。なので10割10割で他微妙・・・とかより、7割8割8割8割とかのほうが合格後お得だと思います。

・シラバスに、TOEIC600くらいで英語の単位一つ認められるみたいなことが書いてありました。東工大の試験にTOEICは関係ないけど、入学前にとっておくといいかもしれないです。

・第2外国語もとっておくと、入学後認められるらしいです。体育も出来る限り受けておいたほうがいいかもです。

・東工大の試験は英語・数学・物理・化学です。個人的に思うのは、化学に力を注いだ人が勝つと思います。傾斜配点がなく、全て100点満点です。高専生が苦手とする英語と化学でどれだけ6割を超えられるかって感じです

・数学は例年基本的なのばっかりです。

・試験は2つの教室に分けて行います。二日目は化学と面接だけです。

・面接で口頭試問があって、あまり関係ないとか言われているけど、6割ぎりぎりの人が答えられないと落ちる可能性もあるかもしれません。自分はどれくらい 6割をこえていたのかわからないですが、ぷち口頭試問みたいなやつの2問中1問がうまく説明できなくて、笑ってごまかした感じでしたが受かってました。電電で口頭試問がなかった人は落ちてました。

・東工大の試験は、8月下旬です。一番遅いです。旧帝大の一週間後です。東北大を受けるとき観光気分だったので、帰ってから勉強モードに戻すのが難しかったです。

・やべぇ受験まで時間ねぇ間に合わねぇみたいな人は東工大対策なら、徹底研究、基礎物理学演習、電磁気学演習、速読英単語シリーズ、新研究、マクマリー、くらいを最低限やるといいと思います。最低限これくらいはやらないとやばいんじゃないかな

・大岡山から試験室は10分位です。あと会場は飲食いけます。隣の人の貧乏揺すりが激しくて集中力相当持ってかれたので貧乏揺すりはやめましょう。彼数学の途中寝てたから多分落ちたな

・化学やらんくても受かったわーみたいなのは都市伝説ではないですが、あまりそれにかけないほうがいいと思います。要は平均6割取ればいいのでそれでもいけないことはないですが、他で結構できないとぎりぎりになります。確実に合格したいならやったほうがいいと思います。時間はかかりますが・・・
実際友達で、化学ノー勉だったけど受かった人はいたにはいました。ただ、その人は他の教科がもともとすごくできて、当日も残りの教科ではわりと無双してたっぽいので・・・

・前の席の人がピンクのシャツを着ていたんですが、その中に着てるTシャツに書いてあったアニメキャラが透けていたのが印象的でした。これが東工大か

・部分点も貰えそうなので、解答用紙にガリガリ書いたほうがいいです。数学は大問一つにつき1枚の白紙(横のラインは入ってました)、物理は解答欄とか仮定とか各場所が区切られています。英語も解答欄あります。化学が何故か数学と同じシステムでした。


英語
長文読解がメインです。この単語知ってるかい?みたいな問題もあります。その単語は速読英単語上級編に載っているのがわりと出てたりしました。
長文読解は、過去問ではなんか和訳と英訳だけ出てて、これ読まなくてもええやろ・・・みたいなのもありましたが、最近ではちゃんと内容把握のも出してきてます。把握できないときつめです。
英訳は、昔は一文そのまま英訳してくださいってのがメインでしたが、最近のだと、下線部の日本語の文を、掲げられてる単語を並び替えて英訳しなさい、ってのもあります。勿論普通の英訳もあります。あと並び替えでもさすがは東工大、自分的には難しめなのも本番出てました。
最近は、最後の問題で40Wordのちょっとした英作文みたいなのもでてます
あと、26年度の過去問を見ると、めちゃくちゃ長くて不安になれると思います。今年は例年くらい(25年度くらい)に戻りましたが、26年度くらい長いの が出るかもしれない・・・ということを考えると速読中心にやってくといいかもしれません。26年度はA4の用紙10枚分くらいの問題用紙でした。一回過去問といてみるといいですが、時間が1時間半なのでそこまで悠長に解いてはいられないかんじです。
DUOとかで適当に単語を覚えて、速読英単語とか基礎長文なんとかで、英文をしっかり読めるようになりましょう。
今年の長文は、なんか探検してる人とか石の話と、なんかよくわかんない理系について(確か)の2つでした。後半曖昧なのは、内容把握の問題がほぼなかったので文章読まなくても手が付けられたからです。
6~7割くらいだと思います。一文目が簡単でしたが二文目の問題(和訳とか)がいまいちでした。あと英作文もどれくらいとれたかわからないけどいまいちなような・・・。

数学
数学は例年ある程度の方向性というかパターンは決まっています。
大問が4つあります。2変数関数の極値を出させる問題、重積分の問題、階数を場合分けして求める問題、対角化させる問題、が主です。たまに微分方程式や証明問題、条件付き極値の問題、線型写像の問題、なども出ています。
まぁ数学の鉄板というか3種の神器みたいのをやればいいと思います。ただ、今年は出題者が飽きたのか、ちょっと違う感じにはなってました。友達には5割 いかなかった人もいました。(その人の中にも受かってる人はいました。多分皆そこまでできなかったんじゃないでしょうか)
傾向が大幅に変わるとはいえ、数学はそこまで難しくならないような気がします。
当日は、どの大問も、めっちゃ間違えたみたいなのは無かったですが、完答できたのもあまりなかったです。
1番は、だきゅう内での、とある2変数関数の最大最小を求める問題です。ラグランジュの未定定数法を使って解けるっぽいです。自分はラグランジュの方法で 初めやってみたけどなんか混乱しちゃったので、代入して2変数関数の極値出す方法で最小だけ出しときました。後々考えてみればわりと簡単。周りの人もわか んね~って感じの人がそこそこいました。できてた人もいました。ラグランジュも残しておいたので1番の部分点は5~7割位はもらえたのかなぁ
2番は変数変換して重積分するやつです。極座標変換でないタイプの変数変換です。試験始まる前の待機時間に透けて見えたのを見て、うわ・・・わかんなそ う・・・って感じでしたが実際やってみたらできました。ヤコビアンを出すのが多少面倒でした。友達の中にはミスしてる人もいましたが、基本に忠実にやって いればできるやつだと思います。
3番は、文字の行列の対角化の問題でした。変に場合分けして、最後めちゃくちゃになってしまいました。なので完答はできなかったですがぼちぼちいけました。これも基本に忠実にry
4番は微分方程式の問題でしたが、これで死んでた人が多かった気がします。答えにならない例外を含めてしまったりで減点は確実にされてますが流れあってたりぼちぼちできたので半分以上はとれたと思います。
全体を通すと7割位だと思います。初めは8割いったかな~って感じでしたが間違えてたのが発覚していって落ちていきました。

物理
東工大の編入試験で結構点数に差がつくのが物理だと思います。まぁぼちぼちやれば6割はいくと思います。
めちゃくちゃ難しい!てのは出てないと思います。問題文はちゃんと読んだほうがいいと思います。
力学は基礎物理学、演習力学、折戸の物理、電磁気は電磁気学演習、波動は物理のエッセンス、名門の森、熱力学は基礎物理学演習で対策しました。多分この5冊が無駄もなく不足もなくいいと思います。後は過去問ですね。
例年1番は力学で、相対運動とか剛体の問題とかでてます。東工大の力学は何出してくるかよくわかんないです。今年なんか剛体やらんくてもとけたもん。まじおこ。まぁ全体的に飛ばさずにやるといいと思います。微積使わないやつはエネルギー保存でやるのが多い気がします。2番は電磁気です。電気学科的にいう と、典型的なのが出てます。まぁ変なの出したら電気系じゃない人にとってつらいからなぁ・・・ だから典型的なのは確実にできるようになったほうがいいと思います。 3番がクセモノってかんじです。というのは波動と熱力学どちらがでるかわからないからです。大体確率的には同じくらいの出題率です。熱力学のほうがちょっ と多いかな? 今年は熱力学でした。去年はよくわかんない(熱力寄り)で、一昨年は熱力学でした。熱力学は授業でやらなくてわざわざ一から独学でしたので、波動が出てたらなんとも言えない気持ちになったと思います。
ちなみに波動も熱力も、そこまで難しいことは問うてきません。波動も高校分野で対応できると思います。
26年度では次元解析もやらされてました。
今年は、1番がつばめの問題、2番は簡単な直線状導体とコイルがあって、働く力とか相互インダクタンスとか求める問題、3番は色んな熱力学、でした。
1番のつばめの問題は、エレベータがわりと不規則に動いて、そこからみた飛んでいるつばめの動きはどんなん?みたいな感じの問題です。なんでそんなのだし たんだ。ぶっちゃけ数学のベクトルの分野みたいなやつです。相対運動って分野なんだろうなぁ。図示させてきたりしますが、つばめの初期位置見逃したりで、 間違えました。流れは合ってたと思うので部分点狙いってかんじです。東工大の試験は多分部分点もちゃんとつけてくれてると思います。
2番の電磁気は、電気科的にいうとなんでそんなのだしたんやって問題でした。ちょれぇ。まぁ1と3があまりできなかったので救われましたが・・・。電磁気は例年より楽でした。
3番は熱力学です。後半がちょっと微妙な感じで採点基準次第ってかんじです。部分点狙い。
7~8割だと思います。

化学
東工大化学は、高校の理論化学の結晶とかの話、大学の理論化学の話(特に混成軌道とか結合性軌道とかの話)、d軌道とか錯体の話、大学の有機化学の話、あたりがメインだと思います。今年は出ましたが、高校化学の無機はあまり出てない感じです。あと高校化学の有機もあまり出てないです。(高校の有機と大学の 有機は結構違います)
化学は色んな本を読むのがいいと思います。あとぐぐったり。受かった人はそうしてました。有機はマクマリーを覚えてくといいです。 Sn1Sn2E1E2あたりの話とか、マルコフニコフ則、ザイツェフ則、オルトパラとかの話、鏡像異性体とかの立体化学、シスとかトランスの 異性体の話、ディールスアルダー反応、フェノール合成、グリニャール試薬、あたりがよく出てると思います。
マクマリーは立体化学をしっかりやりましょう
反応速度論は高校レベルのは出ないので、物理化学の本読んだりググったりで、大学のを覚えましょう。定常状態近似とかリンデマン、ミカエリスメンテンとかのワードでググるといいと思います。
錯体は過去問見たり、結晶場分裂でググったりするといいと思います。

今年はちょっと難しくなっていたと思います。25年26年度解くと簡単になってきてね・・・?と思うんじゃないでしょうか(24年度は強かったけど)。6割は確実に超えるくらいは解けてました。しかし、今年は難しく感じました。というのも出ないと思っていた無機が大問1つ分出ていて対処できなかった。無機ができた人はそこそことれたんじゃないかと思います。あと、反応速度論が出てなかったのがつらかったです。無機が反応速度論ならなー
1番は無機です。濃硫酸の接触法による製造についてとか、反応式を書くのとか、平衡定数の問題でした。部分点含めてもあまり取れなかったと思います。
2番は理論化学とか物理化学とかの問題でした。手はつけやすい感じです。ぼちぼちです。
3番は解離の話でした。エンタルピーも絡んでました。物理化学です。半分はできたような。
4番はファンデルワールスの状態方程式とかの話です。計算間違いなければいけたかと。
5番と6番は有機です。有機総合で、部分点含め7~8割くらいはできたような気がします。
全体では5~7割位です。採点基準次第です。

4教科みると、英語6-7割、数学7割、物理7-8割、化学5-7割くらいです。
そこまでできませんでした。。。

<面接>
そこまで合否には関わらないっぽいです。
・家そこなんだー近い?
・学園祭きた?面白いのあった?
・志望動機は?
・物性の分野で特に興味あるのある?
・卒研何やってるの?
・得意な専門の分野は?
・その分野で口頭試問2問
自分は特に得意でもないのに物性と言いました。
・半導体ってどうやって作るの?
・なんで不純物ドープするの?
ということを聞かれました。

計算機と答えた友達はフリップフロップについて聞かれたり制御って言った人は制御のことを聞かれてました。また、回路って答えた人は回路の問題を出されたらしいですが過渡応答の問題で簡単だったらしいです。回路、その手があったのかって感じです。
また、経営システム工学では口頭試問無かったらしいです。機械はあったらしいです。(電気電子よりガチなやつ)
電気電子でも、口頭試問が無かった人もいました。その人たちは落ちてました。。。ただ口頭試問の有無と合否に相関性があるかは謎です。
昔はホワイトボードで答えさせられたみたいですが、今回は口頭で答えたので、昔よりはライトな感じだったと思います。


結果
合格
試験受けてから発表まで2週間あるのでそわそわしました。
合格発表の日は各地の警察署をまわって書類を提出するというよくわからないバイトをしていて、
合格発表の瞬間(9月12日正午)は本厚木のラーメン屋で一人でラーメン食べてるところでした。
11:45くらいに入店し、バイトのお姉さんに学生ラーメンの食券を渡し、時が来るのを待ちながらそわそわします。
合格発表よりも先にラーメンが来たので食べ始めます。ラーメンは美味しかったんですが緊張で
あまり食欲が出ませんでした。東工大編入会のホームページに合否が出るので、
11:57あたりからは片手でスマホを更新しながらラーメンを食べます。知らない人からすれば完全に携帯依存症に見えたことでしょう。そして迎えた12:00、来るか・・・!?と更に短いインターバルで更新し続けますが中々アップされません。
相当焦らされた確か12:05ごろ一枚の写真がアップされました。
上から番号を見ていって、自分の番号を見つけました。見つけた瞬間は嬉しさもあったしなぜか安心してました。
ただ場所がラーメン屋で、しかも一人だったので喜びを表現することもできません。バイトの姉ちゃんに俺受かったんすよwwwとか言っても完全に頭おかしい人になってしまいます。とりあえず一旦冷静になろうと思って、食欲も何故か皆無になっていたので、ラーメンを半分くらい残して退店しました。受かったのに何故か吐き気がしたので隣のファミリーマートでいろはすを買って飲みながらぼーっとしてました。
とまぁ、オチとかもないんですが合格発表の日はそんな感じでした。
忘れた時にあんなこともあったなぁと思えるようにメモみたいな感じで書きました。
ちゃんちゃん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

過去問について

東京高専のものです。いつも、お世話になっております。過去問の件なんですが、東京高専には東工大の過去問が三年分しかありません。どうやったら、4年以降の過去問を入手できますか?
プロフィール

Yamayucompany

Author:Yamayucompany
Yamayucompanyの社長です。社員は僕しかいません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。