スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編入?

編入学は超簡単にいえば転校みたいなもの、なんでしょうか。大学に入学している人が、分野変えたいとか、今より環境の良い大学に行きたい、みたいな理由で大学を変えることです。ちなみに高校でも編入はあるっぽいです。そっちはよくわからない。

高専では、5年間で高校範囲+大学範囲(+專門分野)を学びます。専門分野は機械・電気・化学・情報・建築など様々です。高専は高校卒業+2年間なので、 高専卒だと企業によるとも思いますが基本的には短大卒みたいな感じになります(実際は高専卒という枠がありますが)。高専を卒業すると、2/3くらいは就 職、1/3くらいは進学しようとします。進学する理由は人によって様々ですが、進学といってもまた大学受験をして一年生から入学するわけではありません。 編入学という手段をとります。
もちろん簡単に編入学できたら苦労しないです。編入試験を受けないといけないのです。

高専を5年生で卒業した高専生が編入試験に合格すると、大学3年生(東京大学、京都大学、東工大理学部などは例外で、2年次編入)に編入します。大体の大学では5年生の夏に試験があり、合格した後の半年間を高専でうだうだと過ごしてその翌年から大学に入学します。つまり大学3年生に編入してからは、一般大学入試で入学した人と同年代となります。合流ってかんじです(留年していなければ)


編入学の試験範囲は基本的に高専の範囲全てです。つまり高校範囲は勿論、大学範囲や専門分野も試験範囲となります。その分超絶マニアックな問題はそこまで出ないで すが、範囲はかなり広いです。編入試験の勉強をそこそこすると、大学の基礎分野は網羅できちゃう気がします。編入生が優秀と言われる所以はそこなんじゃな いかなと思います。高専生は何故か結構楽観的に考えてますが、編入試験は普通に難しいし狭き門なので頑張って下さい。

編入学の利点は、日程が合えば何校でも受けられるというところです。何校でも、といっても受験料に3万円くらいかかるし、大学も限られているので、実際一 人が受験する大学は2~4校くらいです。たまに6校うけたぜ~みたいな人がいますがリッチかつタフなんだと思います。受験にはHPとMPを使います。まじ 疲れる。

また、大学も限られている、というのは、基本的に編入は国立の大学にすることが多いからです。首都圏の国立大(で特に高専生が編入する大学)ですと東京大、東工大、農工大、千葉大、横浜国大、筑波大、電通大、埼玉大、茨木大くらいしかないです。国立以外では他に首都大や、高専専攻科、技科大(国立?)、 などがあります。私立も早稲田や中央、理科大なんかの編入試験が"一応"あるんですが、試験日が遅い(5年の冬とか)上に、高専生はなぜか国立志向が強い のでほとんど私立を狙おうとしないです。



ちなみに試験日程は
東大・電通大→6月下旬
農工大・千葉大・首都大・技科大→7月上旬
筑波大・横浜国大→7月中旬
旧帝ズ→8月中旬
東工大・神戸大→8月下旬
私立や経済学部など→秋~冬
です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yamayucompany

Author:Yamayucompany
Yamayucompanyの社長です。社員は僕しかいません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。