スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編入色々1

編入試験を受けるにあたって調べたことを、せっかくなのでまとめようと思います。

まず、倍率に関してですが、純粋に難易度の高い旧帝大などよりも、それらを第一志望とする人が第二第三志望にする大学の倍率の方が高い傾向にあるような気 がします。千葉大や筑波大なんかがそうです。千葉大電気電子は36人志望して6人合格の倍率6倍でしたし、筑波は受験していないので詳しいデータがわから ないのですが、例年倍率がとても高くなってます。ちなみに東工大も今年は120人志望して合格者は20人と発表しているので6倍でした(試験に来なかった 人がいたり、20人よりも若干多くとるらしいので実際はもう少し減ります)。
東北大学は90人くらい志望して27人合格でした。
首都大は4人しか受からなくて倍率めちゃくちゃ高いみたいな噂を聞きましたが、今年は友達が結構受かってたりしたので、真偽はわからないです。
あとの大学はよくわからないです。


なんとなくですが、志望校の選び方にはパターンが有ると思います。
東大を第一志望にしている人が阪大や筑波大もうける可能性が高く、また、東工大を第一志望にしている人は
東北大学を受けるパターンが多いような気がします。前者については東大と筑波大はどちらも数学で複素関数が出ていたり、この2つは確約書の関係で併願しやすいからで、後者についてはどちらも化学が出題されるから、とか日程の関係があるのでしょうか。筑波大の確約書の締め切りが東工大の合格発表の前の日と かだったので、基本的に東工大と筑波大の併願はできないんです。まぁ、といっても大体の大学で確約書もどきみたいなものはありました。


倍率の関係で、千葉農工を第一にしている人は推薦で狙うのがいいと思います。一般は結構狭き門です。
これらの推薦は、確か席次が10%以内とかだったような気がします。GPA4.0をとればいいです。自分はなんとなく4.0とってましたが推薦を使わなかったので無駄になりました。
まぁ推薦をもらえたからって確実に受かるわけではないのでそれなりには勉強しなきゃです。
また、推薦で合格すると蹴るわけにはいかないので、推薦枠がない学校を志望するなら推薦はとらないでおいたほうがよさげです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yamayucompany

Author:Yamayucompany
Yamayucompanyの社長です。社員は僕しかいません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。